世界最大の人口を誇る中国では近年、目覚しい経済成長を見せています。そして、経済発展に伴って個人の収入が増えたことから、国民ひとりひとりの消費力がアップしていったのです。そのため、中国は物が多く売れる巨大マーケットとして注目されるようになり、進出を考える日本企業も増えたのです。

ITサポートは企業が海外での成功に不可欠
世界的規模の巨大マーケットである中国へ進出して成功を収めるためには、ビジネスに有利に働くような情報が得やすい地区であり、開発区の優遇政策も受けられる上海に拠点を置いたほうが多くのメリットがあります。ただ、日本とはIT関連の技術も当然のことながら違いますし、そのほかにも言葉や文化、ビジネス環境なども違います。そのため、ITシステムを導入するときの要求が上海のITサポート企業には明確に伝わらない可能性もあります。また、パソコンなどシステム上のトラブルが起きたときに言葉が通じず早急にトラブル回避をすることができない危険性も高まってしまいます。ですから、そういった危険性を回避するためにも、日本語や日本のビジネス環境を理解してITシステムの導入支援や管理・メンテナンスを行うことができる上海のITサポート会社を見つけておくことが必要なのです。

上海には「EZ-net(イージーネット)」のような日本語完全対応のITサポート会社があります。ITシステムの導入支援や管理・メンテナンスでしっかりとしたサポートを受けたいと考えている企業の方は、一度「EZ-net」のサイトで詳細を確認してみてください。