情報漏えい防止システム
システム構成

IP-guardは、エージェント、サーバー、コンソールという3つのモジュールから構成されております。管理者は必要に応じてそれぞれを社内ネットワーク上のコンピュータに導入できます。


サーバー

システムデータの保存及びルール、ポリシーなどの管理を行い、一般的にスペックが高く、保存領域の大きいPCへインストールが必要です。

  • 全てのクライアントPCを管理、またルールとポリシーなどの転送

  • クライアントPCから送られてくる各種データの収集と保存

  • ログの管理、参照、分類、検索などの機能を提供


コンソール

システムデータの参照、管理ポリシーの設定、リアルタイム・メンテナンスの実行などに用いられ、一般的に企業のシステム管理者のPCにインストールします。サーバーと同じPCに導入も可能です。

  • クライアントデータの参照及び監査

  • データの統計、解析及びエクスポート

  • クライアントPCのリアルタイム監視及びシステムメンテナンス

  • 各種管理ポリシーの設定

エージェント
データの収集及びシステム管理ポリシーの実行を行い、管理される必要のあるPCごとにインストールが必要です。
  • 各種管理ポリシーの実行

  • クライアントPCにて実行した各データを収集

  • 収集されてきたデータを定期的にサーバーへ転送

  • コンソールからの指示によって監視