情報漏えい防止システム
ドキュメント操作

ビジネスIT化の推進に伴い、企業の重要資産である「情報」の含んだ電子文書が急増しています。業務効率を向上する一方で、ドキュメントやファイルが様々な情報漏えいの危険にさらされていることが、企業が大きく注目する課題の一つとなっています。

IP-guard「ドキュメント操作管理」は、ドキュメントの操作・移動状況を把握し、秘密情報に対する不正流出や不正操作を効果的に抑止することで、セキュアな文書管理を実現することができます。

特長

ファイル単位、フォルダ単位での制御が可能

ワイルドカードを使ってフォルダ単位で一括制御できるほか、ファイル単位で個別に制御することも可能です。

コピー時にバックアップ

ドキュメントがコピーされる時に、コピー元やコピー先にバックアップすることができます。

全面的なログ記録

ローカルドキュメントへの操作を記録できるとともに、共有ドキュメント上での操作ログも収集できます。


サポートするディスクの種類サポートする操作の種類

ハードディスク

フロッピーディスク

コンパクトディスク

リムーバブルディスク

ネットワークディスク

新規作成        コピー
アクセス        変更
名前の変更     削除
移動               元に戻す


機能

操作ログの収集

クライアントPC上のドキュメントへの操作状況をログとして取得・保存します。また他のPC(エージェント未導入のPCも含む)からクライアントPC上の共有ドキュメントに対して操作履歴も記録できます。条件を指定して検索が可能です。

操作権限の管理

ファイルの操作権利(読み取り・変更・削除)及び条件(オフラインのみ有効・有効期限など)を個人/部署ごとに柔軟に設定することができます。

操作制御

設定した操作権限と条件に従い、ファイルアクセスや読み取り、変更、削除など操作を制御できます。さらにオフライン環境においても制御が可能です。

アラート&バックアップ

保護されたファイルの不正改ざん、移動または削除された時に、コンソールへアラートを送信する設定できます。バックアップ機能も備えています。