中国に進出する日系企業の皆様は、

中国の法律に則って営業活動をされていることだと思います。

近年では、企業の違法行為や不祥事などが明るみになる事態が増えています。

コーポレートガバナンス(法令遵守)という言葉もよく言われるようになっていきており、それだけ多くの企業の皆様が、法律を遵守しておられることかと思います。

そんな中で、知らず知らずのうちに法律を犯しているということもよくあります。

今回は中国の企業様が意外と知らないサイバーセキュリティ方について、

ご紹介していきます。

 

サイバーセキュリティ法とは?

 

皆様はサイバーセキュリティ法をご存知でしょうか?

サイバーセキュリティ法とは、中国政府がネットのセキュリティを強化するために制定した法律です。インターネットにおける中国の主権確保と安全保障を目的としており、中国で事業を手がける外国企業に対して、大きな影響をもたらすものです。

 

6ヶ月ログ保管

 

そんなサイバーセキュリティ法の中に、次のようにな記述があります。

ネットワーク運営者は、サイバーセキュリティー等級保護義務を履行しなければならず、具体的には、サイバーセキュリティー責任者の確定、コンピュータウィルス等のネットワークの安全に危害を及ぼす行為を防止するための技術的措置の実施、ネットワークの運行状態およびサイバーセキュリティー事件をモニター・記録する技術的措置の実施、関連するログファイルの 6 カ月以上にわたる保管、データ分類、重要デ ータバックアップ、暗号化等の措置の実施が義務として挙げられている7。

 

実は、パソコンやサーバーなどのログを、6ヶ月間保管していなければならないのです。

そうとは知らず、保管していない企業様が結構いらっしゃいます。

先日もあるお客様の会社に、監査が入った際、

ログが取られていないことが、問題に上がりました。

このように、知らず知らずのうちに法律を犯していて、

後で取り返しのつかないことなることもあります。

 

実は、パソコンやサーバーなどのログを、6ヶ月間保管していなければならないのです。

そうとは知らず、保管していない企業様が結構いらっしゃいます。

先日もあるお客様の会社に、監査が入った際、

ログが取られていないことが、問題に上がりました。

このように、知らず知らずのうちに法律を犯していて、

後で取り返しのつかないことなることもあります。

 

報漏洩防止システム(IP-guard)とは?

そんな問題を解決してくれる便利なソフトが、「情報漏洩防止システム(IP-guard)」です。

情報漏洩防止システム(IP-guard)は、全てのPCのログを24時間365日保存することができます。それにより、6ヶ月間のログ保管をクリアできるだけでなく、自社の重要な情報を守る役割もあります。

 

主な機能

詳しいは弊社までお気軽にお問い合わせください!

 

以前の記事もチェック

「写真撮影に必要なもの7選!」

シェアオフィスでのIT設備

防犯システム設置のすゝめ

新型iPhoneついに発売!!

ついに発表!「iPhone XS」

ホームページ集客UP7つのコツ②

  × 

「ITをもっとEZ(イージー)な存在に。」

EZ-netでは、中国の日系企業様を支えるべく、

ITの総合サポートを提供しております。

情報漏洩防止システム、パソコン・サーバーの販売・修理、メールサーバー、トータル管理・メンテナンスまで、

幅広いサービスを提供しております。

IT周りでお困りのことがございましたら、

EZ-netまでご連絡ください!

 

 

确定