2017年に起きた電子メールに関する事件 特集

①ベッカムのメール事件

マンチェスター・ユナイテッドのデイビッド・ベッカムが、「チャリティ事件」「メール事件」に巻き込まれた。そのきっかけはハッカーに100万ユーローの支払いを要求され、拒否したためだ。ハッカーは電子メールの内容を公開した。メールの内容から数多くのマスコミが、ベッカムが慈善事業に参加しているのは、彼が名誉を求めているからだと明かした。また、ベッカムがプライベートでは言動が荒く、寄付金の一部を使ってプライベートの旅行をしていたことを暴露した。これらの否定的な報道について、ベッカム側とファンがすでに表现について、潔白であることを明らかにしている。報道陣の情報はすべてデマであった。

ある筋の情報では、「ハッカーたちは、最初、メールとデベ氏から連絡を受け、ブローカーを通じて面談を希望している」と露骨に言っていたと言う。ハッカーは「あなたたちのすべてを知っているので、お金を払わなければならない」と公言している。

②グーグルとフェイスブックは詐欺師に電子メールで1億ドルを騙し取られた

4月29日、海外のメディア「フォーチュン」によると、同情報筋は、外資系企業が有名な科学技術会社の信頼を騙し取って、電子メール詐欺科学会社のコンピューター使用料総額を合わせて1億ドルを受け取ったことを明らかにした。

2年間で、詐欺師はグーグルとフェイスブックの会計当局に数千万ドルを振り込みを要求し、料金を送金した。科学技術会社が本質を意識したときは、evaldasのrimasauskasが1億ドルを手にした。

③WannaCryは世界的に大混乱を招いた

2017年5月12日、世界規模で爆発して大量のコンピューターに感染しており、コンピュータに感染した後、偽のウイルスをコンピューターに投与し、大量のファイルが暗号化されている。被害者のコンピューターがハッキングされた後、ウイルスは300ドル(約2069元)相当のビットコインの支払いを提示する。WannaCryはウイルスが世界180カ国で大流行している。使用されたのがメールであることから、メールはウイルス拡散の常套手段である。

④カナダ・ベルがハッキングされ盗難された190万のメール情報

5月、カナダの電信会社であるカナダ・ベル(bell canada)は、システムにハッキングされ、加入者の190万人の電子メールアドレスと、約1700個の加入者の名前と、電話番号情報が流出したことを明らかにした。当社は盗難情報の詳細を説明することを拒否した。

 

⑤電子メール ゴールドマンサックスとシティチャイナ

ウォールストリートジャーナルの報道によると、6月13日、ウォールストリートのエグゼクティブは、ゴールドマン・サックスとシティグループの最高経営責任者(CEO)が犠牲にあったことが明らかになった。銀行ネットワーク技術のセキュリティ上の予防措置が不十分であることを明らかにした。

ハッカーは、関連する電子メール交換のスクリーンショットをTwitterに掲載した。 これらのいたずらは、よく知られている “フィッシング”詐欺を模倣したものだ。 詐欺師はその人に悪質なリンクをクリックさせようとするか、一見無害な電子メールを介してパスワードなどの機密情報を取得する。 これらのメールは、お客様の請求書、Googleドキュメントの共有または偽のパスワードリセットのリクエストとして表示される。

 

⑥英国国会のネットワークシステムが攻撃を受けて電子メールの登録および連絡を停止する

6月24日、英国議会は、現地時間の24日に「アクセス権を持たないものが、国会議員のユーザーアカウントに侵入した」との声明を発表した。議会は今後も引き続き調査を続ける措置を取る。 コンピュータシステムのセキュリティを確保する。

事件の後、英国議会は議会のネットワークと電子メールシステムに参加するすべての国会議員とスタッフを完全に停止させ、システム全体のセキュリティを保護した。

 

⑦フィッシング詐欺 二大名校

今年4月末に、アンダーソン建設会社の電子メールをハッキングし、電子メールを通じて、南オレゴン大学の財務に口座変更通知を送った後、ハッカーは関連金を受け取った。同年8月、カナダマクムン大学(macewanuniversity)の従業員たちは、受け取った偽のメール詐欺に巻き込まれ、1180万ドルの資金をサプライヤーに偽装されたハッカーに譲渡した。

学校のデイvid beharry氏によると、ハッカーは電送郵便で学校商品の供給者を詐称して、学校側に新しい口座に振り込むことを要求しており、職員3人はこれを全く意識していなかった。8月11日から8月19日まで、それぞれ190万ウォン、22,000円、990万円を新しい口座に送金していた。

 

⑧Uber情報漏れ事件

今年4月の終わりに、ハッカーはAndersson Constructionのメールボックスを攻撃し、5700万を口座に流出したことを自ら公開した。2人のハッカーは、外部のコードを利用したサイトであるGitHubを通じて、AWSのアカウントとパスワードを入手して、5000万の乗客の氏名、電子メール、電話番号、約60万人の米国運転手の名前と運転番号を盗んだことが分かった。

Uberは、ハッカーがこれらの情報を使用していないと考えていなかった。しかし、CNBCの報道によると、ユーザーのアドレスとクレジットカード情報だけでなく、「ユーザーのスポーツと旅行履歴に関する詳細なデータ」も記録しているとし、「ハッカーは、これらのデータを追跡してユーザーの位置を見つけることができ、家庭の住所にまでアクセスすることができる」との見方を示している。

 

ヤフー10億人の加入者資料盗難 2年前

Yahooは10月9日の北京時間に、同社のデータ漏洩事件が合計10億件のアカウントに影響を与えたことを明らかにした。 しかし、最新のニュースによると、ヤフーの30億口座のすべてが漏えいしており、前の数字の2倍以上になっている。

ヤフーが昨年12月にこの問題を初めて明らかにしたとき、影響を受けるユーザーの名前、電子メールアドレス、電話番号、生年月日、パスワード、パスワードを取得する際のセキュリティ上の問題がすべて漏洩したと声明で述べた。 ヤフーは、情報を盗むハッカーは「国家によって支持されている」と述べているが、特定の国はわかっていない。

 

⑩デロイト

英国の「ガーディアン」レポートによれば、多くの顧客機密情報や知的財産権を含む500万件を超えるデロイトの内部電子メールが流出しています。

デロイトの被害者は、銀行、多国籍企業、政府機関などの大規模な顧客に対して、監査、財務、サイバーセキュリティ、および管理コンサルティングサービスを提供している。 これまでのところ、6人の顧客は、その情報がハッカーによって「影響を受けている」と言っている。

デロイトは今年3月にサイバー攻撃を発見したが、この未確認の攻撃者が2016年10月または11月に電子メールシステムに侵入した可能性があると考えている。 ハッカーは、管理者アカウントを使用して電子メールサーバーに正常にアクセスしていた。システムは、2要素認証メカニズムを展開しませんでした。

 

2017年にはインターネットセキュリティ事件が多発しており、電子メールの安全性は依然として企業ネットワークの安全に関する重大な脅威の源である。

 2018年には、ブロックチェーン、人工知能、量子コンピューター、5 Gネットワーク、バーチャルリアリティーなどの新興技術が、私たちに近づく。新技術の応用は、私たちの生活の質を大きく向上させ、我々の生活様式を変える一方で、さらに破壊力のある兵器を提供している