文章目录[隐藏]

会社のメールは大丈夫ですか?業務の中で一番使用頻度が高いメールですが、メールに関する事件が世界中で多発しています。最近も、寧波(Ningbo)のとある自動車会社で、海外顧客からの支払い記録に疑問をもった従業員が、調査を進めたところ、当社のメールにハッカーが侵入し、海外の顧客宛に、口座情報を記載したメールを送信していました。顧客は、その口座に送金していました。被害額は、なんと123.63万ドル!幸いにも、このことに気づいた従業員がすぐさま警察へ通報。警察が特別捜査員を銀行に派遣し、全額を差押えることができました。最近では、あらゆる種類の詐欺やウイルスなどが多発しており、その中でも、メールを使った詐欺やウイルスが非常に多いです。いつ自分たちに被害が及ぶのか完全に予測できません。

 

 

EZ-netからの対策案

 

1、定期的にサーバーをウイルススキャン・除去し、トロイの木馬ウイルスによる攻撃を防ぐ。

2、電子メールアカウントのパスワードを定期的に変更し、自動転送や電子メールフィルタリングなどの機能が犯罪者によって不正に使用されているかどうかを定期的にチェックする。

3、電子メールクライアントと携帯端末アプリは、SSLで暗号化されたポートとリンクを使用して電子メールを送受信し、安全な送受信を保証するために25/110平文ポートを閉じる。

4、銀行口座を含む電子メールは、メールアドレスを慎重に確認する。

5、口座情報を含んだメールを受信した際には、支払い時には必ず確認の電話を入れる。

6、不正行為が判明した場合は、直ちに「110」に電話するか、犯罪を報告するために公安機関に行き、腐敗防止センターを通じて銀行カードの凍結を行う。